悠々と急げ

 ~未知との遭遇 in books & libraries~

プロフェッショナル ロバート・B・パーカー 加賀山卓朗訳

初めは単なる「強請り事件」の話かと思われたが、犯人と女性4人の不思議な関係と共に、犯人の精神的な病にも関係しているのではないかということになっていく。

犯人に脅された四人の妻たちの依頼を受けた男が犯人を追い求めるというよりは、これらの(彼女らの)複雑な課題をどう解決していくかという物語であった。

社会派探偵小説とでも言うのか。。。

訳者の方が、わたしと同年代であった点が私の気を引いたということもあり記録しておくことにした。(2012/05/27)